「世界から貧困をなくそう」-ピースボートMDGsキャンペーン、はじまります

pb%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99%e5%85%ac%e5%bc%8f

20091228日に横浜を出航する68回ピースボート・地球一周の船旅では、「世界から貧困をなくそう」をテーマに、国連ミレニアム開発目標(MDGsを広める「ピースボートMDGsキャンペーン」を展開します。

MDGsとは、世界から貧困をなくすことを目的に2000年に国連で結ばれた約束で、
1
日1ドル以下で暮らす人の割合を2015年までに半減する」ことなどを定めています。
今クルーズでは、世界各地で
MDGs
を広め、達成に向けたメッセージを集めるMDGsダンスプロジェクト」と、アフリカ10カ国から12名の若者が乗船し、世界から貧困をなくす方法を日本の参加者とともに話し合う「アフリカユースMDGsフォーラム」を行います。
これらの様子は、このブログにて
紹介していく予定です。

今回のキャンペーンの立ち上げにともない、クルーズ出航日に横浜港にて記者会見を行います。
詳しくは、以下のプレスリリースをご覧ください。

Press Release
* * * * * * * * * * * * * * * *

「世界から貧困なくそう」
若者が地球一周の船旅へ

出航記者会見(12月28日、横浜)

* * * * * * * * * * * * * * * *
来る12月28日、103日間をかけてアフリカや南米など17寄港地をめぐ
る第68回ピースボート「地球一周の船旅」が横浜港を出航します。2010年
は、「2015年までに貧困を半減する」ことなどを掲げたMDGs(国連ミレニア
ム開発目標)の達成期限まであと5年となる重要な年です。
今回のピースボートでは、世界から貧困をなくすための若者のプロジェクトを
以下のとおり立ち上げます。

1.「アフリカユースMDGsフォーラム」

船がアフリカを訪ねる1月後半の約一週間、アフリカの若者12名が乗船し、
船上にて日本の若者とともに貧困の解決方法を話し合う「アフリカユースMDGsフォー
ラム」を行います。
乗船するのは、南アフリカ、ガーナ、マラウイ、ケニアなどアフリカ10ヶ国から12名の若者です。
国連ミレニアムキャンペーン(UNMC)との協力のもと行われるこのフォーラムでは、貧困をなくすために若者ができることを話合い、それらをまとめた提言書を発表します。
この提言書はフォーラム終了後、アフリカ各国および日本の政府に届けられます。

2.「MDGsダンスプロジェクト」

南半球を中心とした国々を訪れるこの船旅をとおして、寄港する先々でダンス
を用いながらMDGsをアピールするプロジェクトを行います。「貧困をなくしたい」という思いのもと日本各地から集まった若者30人ほどがオリジナルの「MDGsダンス」を各寄港地で披露し、各地からMDGs達成に向けたメッセージを集めます。
このダンスの一部は記者会見でも披露する予定です。

今クルーズの出航およびこれらのプロジェクト開催にあたり、訪問国の大使ら
を招いて記者会見を行いますので是非お集まりください。

【日時・場所】
2009年12月28日(月)横浜港大さん橋国際客船ターミナル
(みなとみらい線 日本大通り駅より下車7分)http://www.osanbashi.com/

10:30~ 記者会見
11:00~ MDGsダンスパフォーマンス
12:30~ 第68回ピースボート地球一周の船旅出航式
13:00 出航

【出席者】
ンタベセン・マレファネ氏 (駐日南アフリカ共和国公使/大使代理)
クワメ・A・テンコラン氏 (駐日ガーナ共和国特命全権大使)
ルーズベルト・ゴンドゥエ氏 (駐日マラウイ共和国大使)
金希泉 (ピースボート参加者/ダンスチームリーダー)
吉岡達也 (ピースボート共同代表) ほか

問い合わせ: Tel 03(3363)7561 / 090-3426-1991 ピースボート事務局(高山)
takayama@peaceboat.gr.jp

Comments are closed.